STINGER8(スティンガー8)のカスタマイズ集

「STINGER8(スティンガー8)」は超シンプルなテーマです。
公式サイトによると、STINGER史上最高にシンプルなテーマ「STINGER8」なのだそうです。

以前の「STINGER7」や「STINGER PLUS」にあったカスタマイザーもなくなり、初心者には厳しい、カスタマイズ必至のテーマとなってしまいました。

私は初心者なので、このブログのテーマは現在「Simplicity(シンプリシティ)」を使っています。Simplicityはとってもオススメのテーマです。

私も素直に「Simplicity(シンプリシティ)」を使えばいいのですが、勉強(修行?苦行?)のためと、ここで引いたらなんとなく負けた気がするので、別のサイトで「STINGER8(スティンガー8)」を使用することにしました。

ここでは、私が行った「STINGER8(スティンガー8)」のカスタマイズをご紹介します。

STINGER8(スティンガー8)カスタマイズ集

サイトタイトルの横に画像を挿入

サイトタイトルの横に画像を入れてみました。

実際に試してみたときの画像

詳細は過去の記事をご覧ください。
【STINGER8】サイトタイトルの横に画像を入れる方法

文字サイズ・色の変更

記事のフォントサイズ・色の変更

記事の文字サイズが小さいような気がしたので、大きくしました。
また文字色は「黒に近いグレー」が読みやすいので、色も変更。
方法は以下のソースを、「STINGER8」のスタイルシート(style.css)へコピペして更新します。

見出しの変更

STINGER8の見出しはデフォルトではかなりシンプルなのでカスタマイズ。

h2とh3の見出しカスタマイズ方法

カスタマイズ方法は以下のソースを、「STINGER8」のスタイルシート(style.css)へコピペして更新します。

サイドバー関連

サイドバーの新着記事の件数を変更

サイドバーの件数はnewpost.phpで変更することができます。
newpost.phpの8行目の表示したい記事数を変更するだけです。

サイドバーの新着記事の見出しを追加

STINGER8のサイドバーの新着記事の見出しがないので追加。
見出しを追加する方法は、newpost.phpに以下の行をコピペします。

追加する場所は、5行目の?>の後ろです。

※他のウィジェットの見出しと同じクラス指定なので、後からまとめてカスタマイズ出来るようになります。

サイドバーの新着記事を非表示にする

サイドバーには最新の投稿(新着記事)は必要ないという方は過去の記事をご覧ください。
すこしいじるだけで最新の投稿(新着記事)を非表示にすることができます。

STINGER8】サイドバーの最新の投稿(新着記事)を非表示にする方法

サイドバーのリンクテキストの下線を消す

STINGER8のサイドバーのリンクテキストには下線が表示されます。
邪魔な場合はCSSで非表示にすることができます。
詳細は過去の記事をご覧ください。

【STINGER8】サイドバーのリンクテキストの下線を消す方法

サイドバーの見出し変更

STINGER8はサイドバーの見出しもシンプルなのでカスタマイズ。

カスタマイズ後のサイドバーの見出し

カスタマイズ方法は以下のソースを、「STINGER8」のスタイルシート(style.css)へコピペして更新します。

タグクラウド関連

タグクラウドに件数を追加

詳細は過去の記事をご覧ください。
タグクラウドに【記事数を表示】して【デザインも変える】簡単な方法

タグクラウドの見た目を変更

詳細は過去の記事をご覧ください。
【STINGER8】タグクラウドの見た目をカスタマイズする方法

人気記事ランキングを表示

STINGER8は、人気記事の表示機能がありません。
なので、プラグイン「WordPress Popular Posts」を導入して、人気記事ランキングの表示ができるようにしました。

PREV(前の記事)、NEXT(次の記事)を非表示に

詳細は過去の記事をご覧ください。

【STINGER8】PREV(前の記事)、NEXT(次の記事)を非表示にする方法

執筆者を非表示に

記事下の「執筆者」を非表示にしました。
非表示にする方法はshingle.phpの110行目の

<?php /* ?><?php */ ?>ではさみます。
はさむとこのようになります。

パンくずリストを非表示に

記事の上の「ぱんくずリスト」を非表示にしました。
方法は以下のソースを、「STINGER8」のスタイルシート(style.css)へコピペして更新。

記事の上に表示されるカテゴリを消去

記事の上に表示されるカテゴリが必要なかったので非表示にしました。
方法は以下のソースを、「STINGER8」のスタイルシート(style.css)へコピペして更新。

特定カテゴリを「トップページ記事一覧」から除外

トップページの新着記事一覧で「特定のカテゴリの記事を非表示」にしたかったので、カスタマイズしました。
詳細は過去の記事をご覧ください。

【STINGER8】トップページの記事一覧から特定のカテゴリを除外する方法

特定カテゴリを「サイドバーの記事一覧」から除外

サイドバーの新着記事において「特定のカテゴリの記事を非表示」にしたかったので、カスタマイズ。
詳細は過去の記事をご覧ください。

【STINGER8】サイドバーの記事一覧から特定のカテゴリを除外する方法

特定カテゴリを「関連記事一覧」から除外

関連記事一覧で「特定のカテゴリの記事を非表示」にしたかったので、カスタマイズ。
詳細は過去の記事をご覧ください。

【STINGER8】関連記事一覧から特定のカテゴリを除外する方法

同じタグの記事を関連記事として表示

STINGER8の関連記事は、カテゴリに関連付けられています。
この関連記事を、カテゴリではなく「同じタグを持つ記事」を表示すれば、関連記事の精度があがるのではないかと思いまして、カスタマイズにチャレンジしてみました。
詳細は以下の記事をご覧ください。
【STINGER8】同じタグの記事を関連記事として表示する方法(プラグインなし)

Google連携

STINGER8は、「STINGER管理」がありません。以前のSTINGERでは「STINGER管理」で簡単にできた「Google連携」も自分で設定する必要があります。

Googleアナリティクス設定

手動で設定しました。
設定方法は、テーマの編集からheader.phpを開いて</head>タグの前にアナリティクスのトラッキングコードをコピペでOKです。

※子テーマでの編集がおすすめなのですが、STINGER8の子テーマにはheader.phpが含まれていません。
子テーマで編集するには、STINGER8のフォルダから子テーマのフォルダにheader.phpをコピーしてください。

Googleサーチコンソール設定

アナリティクスと同様に手動で設定しました。
設定方法もアナリティクスと同様にテーマの編集からheader.phpを開いて</head>タグの前にメタタグをコピペすればOKです。