Simplicity2の固定ページの「日付(投稿日・更新日)」を非表示にする方法

Simplicity2はカスタマイズしやすく、とっても素晴らしいテーマだと思います。
今回はSimplicity2の「固定ページの日付(投稿日・更新日)」についてのカスタマイズ記事です。

WordPressの固定ページに記載するものは、殆どが更新する必要が無い、または更新頻度の少ないものであることが多いです。
今、私が固定ページに記載しているものも、プライバシーポリシー・お問い合わせ・サイトマップ(プラグインのPS Auto Sitemapを使用しているので自動で更新される)などで、やはり更新の必要がないものばかりです。
これに日付は…必要ないですよね。

固定ページに日付は必要ないと思います

たぶん同じように感じている方が多いと思いますので、固定ページの日付(投稿日・更新日)を非表示にする方法をご紹介します。

Simplicity2の固定ページの日付(投稿日・更新日)を非表示にする方法

1.日付を非表示にしたい固定ページの記事IDを調べる

記事IDの調べ方
WordPress管理画面のメニューから「固定ページ」→「固定ページ一覧」をクリックします。

IDを確認したいページにマウスカーソルを合わせると、左下にURLが表示されます。
POST=●●(数字)とありますね。この●●(数字)の部分が記事IDです。

2.ソースをコピーする

このソースをコピーします。

3.Simplicity2子テーマのstyle.cssにソースを追加

Simplicity2の子テーマのstyle.cssを開きます。
Simplicity2の子テーマのstyle.cssは、WordPress管理画面のメニューから「外観」→「テーマの編集」→編集するテーマで「Simplicity2 childを選択」→「style.css」で出すことができますへ。
style.cssの一番下にコピーしたソースを追加してください。

4.日付を非表示にしたい記事IDを入力

先程調べた日付を削除したい記事ID#post-●●の●●の部分に入力します。

※非表示にしたいページを増やしたい場合は必要な分だけ,#post-●● .post-metaを追加してください。
※非表示にしたいページを減らしたい場合は必要な分だけ,#post-●● .post-metaを削除してください。

5.ファイルを更新

ファイルを更新ボタンを押して完成です。
お疲れさまでした。

おわりに

固定ページに表示される「SNSボタン」も非表示にしたいという方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

Simplicity2の固定ページの「SNSボタン」を非表示にする方法